塗装屋大将ホーム > よくある質問 > 塗装に関する質問

塗装に関する質問

Q1塗装の目的はなんですか?

A1塗装は塗膜で建物を腐食から守ることと、色彩によりイメージを一新することです。
塗装の種類毎に機能を守った樹脂層をコーティングして仕上げていきます。各層は決められた厚みを満たすことで期待した年数を発揮します。

Q2そもそも塗替えはした方がよいのでしょうか?

A2家は春夏秋冬と厳しい環境下におかれています。新築から8年〜10年でメンテナンスが必要になります。

Q3塗り替えに適切な季節はありますか?

A3東京都、静岡県、神奈川県では1年間を通じて塗装できない季節はありません。
『公共工事標準建築改修工事標準仕様書』には、温度5度以上湿度85%以下での環境で塗装作業を行う事となっています。

Q4塗装は何年ぐらい持ちますか?

A4現在主流のシリコン樹脂塗料はアクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料に比べ太陽光線に強く長持ちします。
シリコン樹脂塗料で7年〜8年、フッ素樹脂塗料で13年が目安になります。

Q5塗装が剥がれています、なぜですか?

A5塗料は下塗り、中塗り、上塗りとそれぞれ役割をもっています。適切な塗膜厚を確保しないとメーカー推奨年数よりも早く劣化が進んでしまいます。塗料が剥がれてしまう原因は幾つかありますが、ゴミや埃が着いた上からの塗装でも剥がれてしまいます。

Q6塗料の種類っていろいろあるんですけど、どう違いますか?

A6アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料と、主な違いは対候年数に差があります。
又、機能性重視の塗料では遮熱塗料、光触媒塗料があります。
現在の主流はシリコン塗料になります。

Q7弾性塗料ってどのような塗料ですか?

A7塗料の伸び率の違いです。20℃で120パーセント以上の伸び率のある塗料を弾性塗料といいます。
外壁に発生したひび割れに追従する為、雨水の侵入を防ぎます。

Q8最新の建築塗料について?

A8環境問題の観点から有害化合物のVOC(揮発性有機化合物)を意識した塗料が主流になっています。
(弱溶剤塗料、水性塗料)などです。

Q91液性塗料と2液性塗料の違いはありますか?

A92液性塗料は主材塗料に硬化剤を混ぜて使用するもので、化学反応硬化型の塗料です。分子の構造が複雑になる分、丈夫な塗膜が形成されます。 1液性塗料は自然乾燥することで塗膜が形成されます。

Q10塗料の飛散で近隣から苦情はきませんか?

A10仮設足場には塗料や埃の飛散防止用のシートを設置します。又、塗装方法もローラーと刷毛で施工していきます。風の強い日は適切な判断で作業を行わない時もあります。

他にもご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

まるで新築パック 足場代・諸経費・税込みの得もり安心セット価格
無料住宅診断
新着情報
現場日記ブログ
【塗装屋大将の業務エリア】
塗装屋大将の業務エリア(静岡県、神奈川県、東京都、千葉県)

静岡県(葵区 駿河区 清水区)
富士市・富士宮市・沼津市・小山町
御殿場市・裾野市・長泉町・伊豆の国市
熱海市・伊東市・伊豆市・下田市
東京都・神奈川県・千葉県・山梨県近郊

静岡富士市の外壁塗装専門店 塗装屋大将
『塗装屋大将』は静岡県富士市に本社の(株)正興が運営しています。実績40年以上の(株)正興にお任せください。
『塗装屋大将』は (株)正興 の登録商標です。

まずはお電話または
専用メールフォームから
お気軽にお問い合わせください!!

0120-78-0237
閉じる
Web自動お見積り 目安金額が今すぐわかる!
Web自動お見積り 目安金額が今すぐわかる!

1建物階数を選択

2延べ床面積を選択

0120-78-0237

電話受付時間:AM9:00〜PM18:00年中無休

お気軽にお問い合わせください!
無料お見積りにお伺いします。