塗装屋大将ホーム > 屋根塗装 > 屋根塗装の時期

屋根塗装の時期

いつが塗り時?外部の危険信号

新築から10年近く経過すると、建物のいろいろな箇所に痛みが生じてきます。これらが今すぐ危険ということではありませんが、そろそろ塗り替えという合図です。それでは具体的にどんな危険信号があるのかご説明いたします。

屋根(コロニヤル・スレート・モニエル・カワラボー金属屋根共通)

色あせ

色あせ

屋根の劣化の特徴として一番よく見受けられるのが、色あせです。屋根はどうしても直接、雨・風・紫外線など直接的に自然現象を受けるので痛みは、比較的早いと思われます。

そり・歪み

そり・歪み

屋根の表面塗装は、その塗膜によってあらゆる外敵(自然現象)から屋根を守ってくれます。瓦は太陽熱を吸収します。色あせなどした瓦(主にスレート瓦)は、雨・紫外線を吸収してしまい、そり・歪みが見受けられるようになります。

錆・はがれ

錆・はがれ

表面の錆だけだと思われがちですが、錆をそのまま放置すると錆は内部まで侵食し、塗装だけでは処置の着かない場合も有ります。

 

木部(破風・窓枠・鼻隠しなど)

はがれ

木部で特徴的なのはこのはがれです。まるで花が咲いているようになっていますが、これは木が呼吸しているからです。木部内部から空気を出してやろうとしているため、塗装表面が劣化して、弱くなっているところからはがれてきます。

木部の腐り

表面の塗装のはがれだけでなく、直接雨などの漏水によって木が腐ってしまってしまいます。

木部の腐り

以上が主な危険信号ですが、これら意外にもいろいろな現象があります。また、これがすぐに危険に繋がるというようなことはありませんが、十分注意が必要です。

塗り替えの一番いい時期・季節は?

限られた季節はありません。一般的には梅雨と冬季は避けた方がいいとよく言われますよね。たしかに梅雨時期は避けた方がいいでしょう。でも冬季というのは少なくとも静岡ではあまり関係ないように思います。日中の温度が5゜C以下の場合は塗装は避けるべきですが、温暖な静岡ではそれもほとんどありません。ただ天候が安定しているという意味では春・秋季が一番適しているといえるでしょう。

まるで新築パック 足場代・諸経費・税込みの得もり安心セット価格
無料住宅診断
新着情報
現場日記ブログ
【塗装屋大将の業務エリア】
塗装屋大将の業務エリア(静岡県、神奈川県、東京都、千葉県)

静岡県(葵区 駿河区 清水区)
富士市・富士宮市・沼津市・小山町
御殿場市・裾野市・長泉町・伊豆の国市
熱海市・伊東市・伊豆市・下田市
東京都・神奈川県・千葉県・山梨県近郊

静岡富士市の外壁塗装専門店 塗装屋大将
『塗装屋大将』は静岡県富士市に本社の(株)正興が運営しています。実績40年以上の(株)正興にお任せください。
『塗装屋大将』は (株)正興 の登録商標です。

まずはお電話または
専用メールフォームから
お気軽にお問い合わせください!!

0120-78-0237
閉じる
Web自動お見積り 目安金額が今すぐわかる!
Web自動お見積り 目安金額が今すぐわかる!

1建物階数を選択

2延べ床面積を選択

0120-78-0237

電話受付時間:AM9:00〜PM18:00年中無休

お気軽にお問い合わせください!
無料お見積りにお伺いします。